無印良品の家●「木の家」設備仕様カタログを読み込む

2019年12月20日

こちら、木の家の設備についてのカタログだ。
前の記事の商品カタログとは一味違う、もうひとつソソル、カタログになっている。
こういうカタログを読み込むのが大好きなのだ。
オプションを検討したり、差額なしで選べるバリエーションもあって、気づけば時間を忘れて見比べていたりする。

外壁のカラーは、わたし的には、木の家らしいシルバーかなぁ。
ホワイトも魅力的なのだが、オシャレすぎるのかなとも思うのだ。
もっと無骨で、もっとそっけなくて、みんなが注目しないような、飾り気のなさがシルバーなのかな。そして、木の家の中と外のギャップがまたいいと思った。
わたしはシルバー、夫はホワイト推し、これから話し合いがまだ続く。
ホワイトになっても、まあ納得できるレベルだけど、そのほかのダークな色はちょっと住みたいイメージじゃない!かな!

バルコニーには安全ネットが標準装備。
二階のポールの間に設置される標準の1.8メートルのものだ。
風通しのいいバルコニーで、床も壁も、シースルー。
子供達が小さいうちはこの安全ネットがないと少し怖い。
下の子が5歳くらいになると、外せるものかしら。

二階に水回りを持ってくる予定だから、洗濯したものをすぐにそのままバルコニーへ持っていける。部屋干しよりは外干しが多いと思うから、庇が深いのもいい。

結婚してから二階引越しをしたが、今まで住んだ家はベランダへ屋根がかかっていることは重要事項の1つだ。今住んでいる長屋のあばら家には、ホームセンターで木やトタンを買ってきて屋根をつけたほどに、洗濯物の上を守る屋根は重要。

その点、この家は庇を深く取ってあり安心だ。

この庇が、夏の高くて強い日差しを遮り、冬の低く貴重な陽を招き入れるのだそうだ。

壁だけではない。
屋根だって、雨どいだって、こだわりのガルバリウムだ。
耐久性もあるだろうし、瓦などに比べて軽いので地震の際も強いらしい。
それから、何と言ってもかっこいい。

雪に悩まされるところではないけど、標準で雪止めがついているようだ。
昨今の異常気象といい、何が起こるかはわからないから、これもありがたい。

まだまだ、比較検討は続くよ。
オススメ、アドバイスなどあれば教えてほしいな!
時々覗いてくださいm(_ _)mねっ!


お盆だから、たくさん旅行やグルメの写真を皆さんのところで見られて旅気分♪

うちは夫が大きな鯛を二本も買ってきたのでパエリア風の鯛めしを作ったよ。

パクチーももりもり食べた。もっと大きいサイズの鯛は甘辛く煮て『紅燒魚』を作ろうかな?

お皿が一枚もないうちでは、料理の写真もサマにならないけど、新しい家で使う器について少しずつ考えてるよ。

和皿の七寸プレート、茶碗、ボウルか丼、くらいでいいかなと思っている。


by カエレバ

今の皿ゼロ暮らしからしたら充分すぎるし、あまり器を増やしたくない気持ちもあって、お皿や器の魅力にとりつかれないように、と願ってるところ。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

内装

Posted by pingguo