【工程】浄化槽工事、壁塗り、穴あけ等(4/26~4/30)

2020年5月21日

今日の作業はこのような感じ。

合併浄化槽工事とある。

「合併処理浄化槽」は、家庭から出る生活排水(台所やトイレ、お風呂、洗濯から出る汚れた水)すべてをきれいにする処理施設で、 し尿(水洗トイレの汚水)処理だけに対応した「単独処理浄化槽」では、台所、お風呂、洗濯等の雑排水を、そのまま河川に流してしまい、環境に大きな負担をかけてしまうことから、合併浄化槽はより「エコ」だといえる。

砕石状況 厚さT=100 とある。

Tとは、厚みを表すthicknessの略。100mmの厚さ、という意味だそうだ。

Processed with VSCO with a4 preset

ウチの土地の地盤はやわらかいので、建物の下はしっかり杭を打ったが、浄化槽を埋めるところにもひと手間必要だった。

ふつうは穴を掘って浄化槽を埋めればいいのだが、穴を掘るだけだと土が落ちてきたり寄ってきたりと軟弱な地盤が悪さをするので、上の画像のように鉄板で土をまずせき止める必要があった。(これにもいくらかお金が余分にかかることに…。)

Processed with VSCO with a4 preset

埋める浄化槽はこのようなタイプ。6人の生活をまかなえるタイプだそうだ。

その後、埋まったときの画像。

外構を作るときに自由に切ったり削ったりできるように、浄化槽のマンホールはまだ高め。

内部を見てみよう。 壁の一番上の層、石膏ボードの区切跡をしっかり手当して…

柱を養生。

だんだんでき上ってきて、壁を一度塗ったところ。まだうっすら下の板が透けて見える。

これから2度塗り、3度塗りとやっていくときれいになるのかな。

いつものようにふらりとお邪魔すると、天井を職人が頑張っていた。

ぬーりぬり。しっかり養生して、腰を痛めないでね~。

縫っている塗料は、SKKAKENの高機能水性塗料、エコフラッシュ。

後日、2度塗り後。

養生がまだそのままだから、もう一度塗るのだろう。

このままでもきれい~。

子供たちの隠れ家になるだろう収納。こりゃあここには何にも置けないな。

明かり窓も養生。

こちらは階段下収納に空いた明かり窓。

開けると風も通るだろう。
養生中だけどしっかりと明るいよ。

エアコン用の穴をあけ…

コンセント、スイッチ類の穴をあけ…

その後、エアコンのホールを外から見たらこんな風にできていた。

コーキングするところはしっかり養生。

窓なんかも同じようにコーキングのための養生。

中も外も、できてきたぞ~!たのしみだ。

そろそろ、家具を準備しなきゃね!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
住まいランキング

内装

Posted by pingguo