収納・家具のないキッチンにつけた可動棚とツールホルダー

2020年5月22日

 

キッチンの収納、引き出しは、5箇所に分かれていて、うちの持ち物なら問題なく収納できるから他に棚などを置く必要はない。

とは言え他にも、オーブンレンジ とホームベーカリーを置きたかったので、稼働棚を取り付けてその二つを置いている。

窓辺に置いてあるのは、担当さんが引き渡しの時にくださった、アクアポットの「ピレア・ディプレッサ」。ものぐさのわたしにも水やりがしやすい。

↑ツールバーにくっつけているのは、中華包丁、ハサミ、キッチンバサミ、ピーラー、千切りスライサー、ブレンダーの刃などの危険物。

取り出しやすく使いやすい。

また、オールステンレスのツールマグネットバーはすべてを外してさっと拭くだけできれいになり、清潔感がある。

プラプラぶら下げるタイプではなくカチッと固定できるところがわたしは気に入っている。

これらのものは入れ替えたりアップデートしたりしがちだけれど、ただ今のラインナップはこのような感じ。

おなじみ鳥部製作所のキッチンスパッター(キッチンバサミ)は簡単に分解してきれいに洗えるところがよい。切れ味も素晴らしい。

ヘンケルスの文具ハサミは、食べ物以外の諸用途においていた。のだが、家族はすぐキッチンスパッターを使いがちなので、どこかへ移動しようかと思っているところ。

ブレンダーは、小さい子がいるので、また餃子のタネなどを作ることが多いため、野菜などを細かくする作業に多用する。この時はブレンダーとしてではなく、フードプロセッサーとしてよく使うことが多い。また、メレンゲを作る時の泡立てに泡立て器のパーツを使うことが少なからずある。メインのブレンダーはあまり使わなくて、バナナジュースを作るときくらいかなと思う。

ピーラーは無印良品の年期もの。

縦型のスライサーは「快菜」というものを使っていて、長い大根やニンジンの千切りに重宝するが、ジャガイモなど長さのないものには扱いづらい。ちょっと失敗だったかなと思っている。うちはジャガイモの細切り炒めをよくするが、じゃがいもを扱うには危なくて使いづらいので結局中華包丁で切っている。ドイツ製の大きなスライサーと迷ってミニマルさで選んで、ちょっと後悔している。

ちなみに買いたかったものはこのスライサー↓

かさばるし、派手だし、洗いにくそうだし…結局大きいものを取り出して使うのはなかなか面倒だからコンパクトで単機能なもの!ということで縦型スライサーにしたのだが、わたしにはちょっと合わなかった。だけど高評価だったんだよ~。

中華包丁は幅の広い万能包丁だ。中国の家庭では多用されている。重さがあるが、その重さを利用して逆に無駄な力をいれず食材を切ることができる。千切りや軟骨切りなんかもお手の物。餃子の皮をまな板からはがしたりと色んな事ができる。ただ、わたしはリンゴなどの皮むきはこれですることができない。中国人に聞けば皮むきのコツや方法があるのかもしれない。それ以外は大抵のことができるので重宝している。

商品の詳細は以下に↓

それから、一押しは稼働棚だ。

これのおかげでうちは狭いながらすっきりと暮らすことができている気がしている。

キッチンの床にものをおかないことで雑巾がけなどが楽にできたり、クイックルワイパーやマキタのクリーナーが邪魔にならず棚の下に入るのもいい。

しっかりと家電の重さに耐えられる、丈夫なもので、いろいろなサイズ展開があるものを探した。また、二階の衣服収納にポールを二重にして使えるものを探すのに難航した。すべてをかなえてくれたのがこの商品。

キッチンにはこのシリーズの棚板をつけた。

古いホームベーカリーは食パンを作るというよりはパンの生地作りにもっぱら使っている。また、餃子やマントウづくりにも活躍している。量を多く作るときは手ごねがいいが、家族4人で2人は子供、というくらいなら使える。(今は中国のおじいちゃのばあちゃんが来ていて300gをこねたのでは足りないので使っていない。)ま、これは一応のっけたけど取り立てていいものではないかな。うちには必要十分。

レンジは、無印良品の家具30万円プレゼントで購入したもの。

回るタイプと赤外線タイプがあったので、赤外線の方にした。多機能ではないが、うちにはこれも必要十分。パン作りやケーキ作りなどの幅が広がった。以前はレンジとバーミキュラ、そして魚焼きグリルでやりくりしていたので、ずいぶんらくになった。(魚焼きグリルでもわりとなんでもできるのはできるんだけどね!)

無印良品赤外線センサーオーブンレンジ

このようなうちのキッチン事情。

派手なものや凝ったものは何もないが、使いやすくて使うのが楽しい。何も凝った料理や豪勢なものを作るというわけじゃなく、身の丈に合っているのかな。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
住まいランキング

暮らし

Posted by pingguo